2014年07月06日

2014年6月末ポートフォリオ

最近、インデックス投資風積立についてなんも書いていなかった(´ヘ`;)

そんなこんなでポートフォリオを見てみる





海外株式
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
1545 NASDAQ−100連動型上場投信
eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス

日本株式
eMAXIS TOPIXインデックス

他にはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがちょびっとあるけどそれは含めないでおきます。

先進国株式(特に米国)重視の比率にしております。
一応、理想とするポートフォリオがあるんですが現状はこれで(´ヘ`;)



雷がピカッと光った瞬間をとらえるのは難しいけれども、入手できる観測データで発生しやすそうなところに機材を重点配置で遊んでみている感じです。
去年の初めからこんな感じで可変で動かしてますね。

まぁ、当たるかどうかは誰にもわからないのでアセットアロケーションを決めたインデックス投資が一番無難だと思うおいらでした。
他の人にはおいらのはお勧めしませんよ〜。
posted by 会津のさむ at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年06月22日

米国株口座を開設してみた。

なんとはひと段落した今日この頃。
書くことは色々あるんですんですが、とりあえず実務で優先するのを先にしてみます。



まぁ、米国株口座をマネックスで開設したわけです。
この口座は楽天証券で運用しているインデックス投資風積立を徐々にマネックス証券へ移行します。
現在、含み益が多いので当面はそっとしておきます・・・。何年かかけて移行ですな(´ヘ`;)


なぜ、優先するのか。
理由は真面目にマーケットに対するインパクトの増大&国内ETFで流動性が少なくて・・・。
個別銘柄運用も同じETFを持っているもんだから売るとき大変だぞこりゃ。

個別銘柄はETFを継続して運用しますが、インデックス部門だけでも移行して流動性のリスクを減らそうかなと思ったわけです。

戦略に沿った戦術の為の再編成や換装でどうにか対応していたのですが、そろそろ本体が限界でしたという感じで(´ヘ`;)


IBを開設もいいけれども、税務を考えると現状のベストはこれくらいかなとおもったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年04月27日

毎月分配型と高コスト投信へのおいらの見解

ん〜と
とよぴ〜さんの
毎月分配や高コスト投信が不要だとわかる比較

タカちゃんさんの
毎月分配型投信で毎月分配する事がもっとも効率的な方法なの?

この二つを見てよくまとまっているなと。


てなわけで、おいらの私見を混ぜて違う視点で見てみます。

まずは、毎月分配型について
おいらとしては、無分配と毎月分配はどうでもいいです。まぁ無分配のほうが好きなんですけどね。
毎月分配型の構造問題は、他のブログでもいろいろ説明されているので・・・。
配当金への課税後の再投資と毎月分配にかかる内部コストは不利だと思いますな〜。


高コスト型について
おいらとしては、品質の良い低コストが好きです。
連動する指数を綺麗にトレース(トラッキングエラーを少なく)していればいいと思います。品質が維持されていれば問題ないかと。
マーケットが荒れた時を含めて長期的に上手にトレースするといいんですが・・・。
結果としては同じ品質なら安いほうを、品質を下げるならちょこっとコストが高くても仕方がないわけで。


要は

12:50〜
聞いてねぇもんいつまで喋ってんだよ、てめぇはテレビ伝道師か
一つだけいいことを教えてやるよ、こんなもんはなぁ撃ってあたりゃいいんだよ。

所詮、道具だから使ってみて実用に耐えるかどうかですな。
まずは入手しやすいかどうか・・・そして安物買いの銭失いにならないように品質の測定。
それらを確認してから、運用手法や資金量で自分に合った道具をチョイスする。


ただ、毎月分配型や高コスト投信はインデックス投資に使用するという点では不利ですな。
インデックス投資だと、維持コストとトラッキングエラーを0に収束させるのがよい道具チョイスなので・・・安くて高品質という難題なんですよね。
毎月分配型は上昇相場の時の課税コストや分配作業コスト負担。
コスト面だと、コストが安くてトラッキングエラーが大きいのとコストが高くてトラッキングエラーが少ないのなら
コスト+トラッキングエラーが0に近くなればいいのかと思いつつ、
コスト(-)+トラッキングエラー(+か-)
で結果0が、コスト(-)の絶対値とトラッキングエラーの絶対値(+)が同じで結果0だと・・・なんともね(´ヘ`;)
一番いいのが、コスト(限りなく0)+トラッキングエラー(限りなく0)=限りなく0
がいいというような何とも言えない答え。
グローバルロングショートをやる場合もこれが限りなく0だといいんですよね。
とりあえず、最初から分かっているコストは低い(絶対値が0に近い)ほうがいいなと思っております。エラーがひどいようなら次にエラーが少ない低コストに乗り換えます。



さて話を変えると、キャブレターエンジンとインジェクションエンジンみたいなもんで構造がちがうんですよね。(無分配と毎月分配)
某漫画のエイジもおいらは大好きです。実際は、キャブレターエンジンだときついよね(´ヘ`;)


ポートフォリオを壊して壊して腕を上げていくか、壊さないように安定して走り続けるか。
このレースは好きな物を使って最高速を目指すか、誰でも簡単にできるものを無難に組み上げるか。

おいらはもうちょいぶっ壊して見ることとします(´ヘ`;)


最後に毎月分配や高コスト投信で長期的にがっつり増やしている人が増えることを祈るおいらでした(おいらはその動きを無分配や低コストで再現したり追走しますので)
posted by 会津のさむ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年02月08日

1月末のパフォーマンス

さて、まず報告として見直したら前回のパフォーマンス報告でまたミスを発見。
セゾンのままだったらが妙にパフォーマンスいいなと思ったら計算が・・・(´ヘ`;)
とりあえず、修正しておきました。
大体の目安で使っているのでデータに修正が多いのは気にしないでください。

でも、セゾングローバルバランスはいいものだと思いますよ。


さて、投下資本ベースで報告
インデックス投資風積立 45.6%
セゾンのままだったら  33.47%

おぉう。先進国株で対応したら10%以上減るもんさ(´ヘ`;)
セゾンとの差が19%から12%というのを見るとやっぱり世界経済が軟調ってやつなんでしょうかね。
おいらは現状、通貨価値の希薄化に対応できていれば全く問題ないもんです。

まぁ、こんな感じで適当にいきます〜。
評価額が減ったときのほうが面白いもんだw
posted by 会津のさむ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年01月31日

悪い予想を置いてみる

とりあえず、こちらのブルームバーグの記事でも。

日経平均年末に9000円も、来期以降の減益反映−ミョウジョウ

ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真さんの記事ですな〜。

>ことしの年末に日経平均株価 が9000円まで下落する可能性があると予想した。

可能性があると予想ですからね。





本当にどんな一年になるんでしょうね(´ヘ`;)





第二回投資にチャレンジポートフォリオの達人もあることですし・・・。
今年の5月末がゴールなんですよね。

試しにフラグを立てておきますが、普通に惨敗な結果になる気もしますw
まぁ、2月中旬においらのポートフォリオは確認してください。
今のポートフォリオ見るとわかると思いますけれども。

そんなこんなで、ふと思いついた更新でした。
あんまり深い意味はありません(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年01月19日

セゾングローバルバランスファンドと比較と考察

2013年のパフォーマンスでセゾンバンガードとの比較をしてませんでした。

ちなみに検算してみたら、11月末日のパフォーマンスにミスがあったので修正しておきました。


さて、投下資本ベースで
インデックス投資風積立 57.9%
セゾンのままだったら  38.66%

それなりの差は維持していますね。
多分、この差はセゾンバンガードグローバルバランスの国債分散投資の項目を見てと比較すると一昨年12月に変更した
債券アセット   50%→0%
新興国アセット  8.8%→0%
の影響が大きいかと思います。
それでも、2011年02月14日セゾンから乗り換えから乗換をして19%の差。この評価が高いのか低いのかは個人の判断にゆだねます。


それにしても、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはよく出来たファンドだなと思います。
投資を初めてという人全員にとりあえずこれを買って勉強してくださいなと勧めています。
おいらが説明するよりもこちらを宣伝しておきます。
■セゾン投信を投資初心者にオススメする理由
虫取り小僧さん、素敵なまとめです。おいらも同意ですな〜。
実績値として、リーマンショックに飲み込まれても基準価額が6000円は割ってないというのもあるからいいと思います。
これ以上は下がらないと言う意味でなくてあくまで実績ですので(´ヘ`;)

ちなみに、リーマンショックを知らない人も結構いるみたいなのでどうだったのかと言うと




懐かしいもんです。
正直言うと、リーマンショックのときはインデックス投資風のセゾンと401kのスゴ6以外は早期にほぼ現金化していましたかな。
調教を体に叩き込み始めた頃のような(´ヘ`;)


まぁ、前に書いたネタでも

当然のように何年もノントラブルで運用して
そして何年かのち誰かがを運用報告書を見たとき
ああ、こんなによく考えて作られていたんだ
そうわかってくれるファンドに仕上げたい
結局ただの自己マンかもしれないけどナ

そんなこんなで、おいらも突然分散投資に戻ったり、セゾンバンガードグローバルバランスファンドに乗り換えたりするかもしれないのでよろしくお願いします(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年01月03日

現状のポートフォリオ

インデックス投資風積立の現状でも公開してみますか。

まぁ、含有率は関係なくどんなのが入っているのか程度にどうぞ(´ヘ`;)

全体の陣地構築具合は



日本株式
1306 TOPIX連動型上場投資信託
ひふみプラス
JFザ・ジャパン
eMAXIS TOPIXインデックス

海外株式
1547上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
1550 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス

ちと、種類が増えすぎたかな。各アセット、比率が多い順で並べてます。

ちなみに、来週にはまた編成内容を再度換装しようかなと。
特定源泉有りでやっているんで、少し削れますが・・・それ以上に変えたいものがありまして。
大戦略としてのアセットアロケーションはそのままに、ポートフォリオをETFで少し絞ってみます。
1547のS&P500を主軸でまったりでもいいんですが、変態調教投資教育を受けた結果なのか、多忙な年末が過ぎてまったりと休みながら色々とデータを見ていたら体が勝手に動くわけです。


3:27〜参照。

米国株の個別銘柄投資・・・これはインデックス投資風なのでそこまではしません。
個別銘柄の運用でもマネックスに移管すればいいんですが、色々事情があるためにまだまだ国内運用がメインとしておきます(´ヘ`;)



毎回恒例ですが、インデックス投資をしている人はあんまりアセットアロケーションをいじらないほうがいいと思います。(ふと気がついたらポートフォリオだと銘柄選択だったので、過去にごっちゃに書いているのを訂正しておこう)
おいらは通貨価値の希薄化に対応するために現在はこんな感じになってます。

円安で数字の利益を出して単純に喜べればいいんですが・・・円安になった分、円通貨の世界での行使価値がそれだけゴミになったと言う一面もある事を頭の片隅に入れてみるといいかなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年01月02日

2013年のパフォーマンス

さて、毎年ちゃんとやるのかは謎ですが2013年の投資パフォーマンスでも。


投下資本ベースのインデックス投資風積立
+57.9%

同じく投下資本ベースの401k
+47%

個別株運用が単年度決算で(保有株式は年末評価額で評価、売買益配当含む)
+63%

となってます。
まぁ、通貨価値が結構下がったので増えていると単純に喜べないのが難点ですね。
個別株運用なんて信用など色々な技術を使って平均値を上回るのがやっとですよ(´ヘ`;)


ちなみに、投下資本ベース評価のインデックス投資風積立と401kを去年からの継続で見ると
インデックス +9.27%→57.9%
401k +2.8→+47%
まぁ、毎月積み立てているので投下資本ベースだと0に収束しやすい測定法なんですが・・・。


とりあえず、今年も無理せず安定運用で行きたいなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年12月23日

11月末日のパフォーマンス

もうパフォーマンスだけで更新も飽きてきましたが・・・。

思い出したかのようにたまには出してみますか。
投下資本ベースの計算です。

インデックス投資風積立 48.9%
セゾンのままだったら  35.08%

ふむ、13%。
差が広がったもんです。

ちなみにインデックス投資風の現在の編成状況は



こんな感じに変わってます。
徐々に海外先進国にシフトしている感じですな。
インデックス投資風、401kや個別銘柄の戦略の軸がこんな感じになっています。
各セクションで、戦術に違いが出るのは使える道具の制約やらルールで違うからですな。
まぁ、大体がこんな感じということで。
日本株式は、消費税増税と財政出動がいまいちという点でかなり減らしちゃいました。

とりあえず、今から思うとネタとして日経平均5月の16000円突破ってこんな感じかな?と思った動画でも。



正面突破を断念して、203高地な16000円の突破を狙うのやら。


6ヶ月の準備期間を得てってな感じですな。
消費税の増税前には突破しておきたいのかもしれません。
日経16000円で何かが見えることを祈りたいもんです。


おいらのアセットアロケーションは、先進国株式メイン(米国が特に)なのでまったりと為替と株でインフレに対抗しようと思います。
日本株式はTOPIXや細々とした投信なので、あまり関係無いような・・・。
しかしながら、米ドルの為替が1ドル105円を越えたら日本経済的によろしくないという意見においらも賛成です。
なので、のんびり含み益で喜べない今日この頃でした。
posted by 会津のさむ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年12月22日

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2013

どうやら結果が出たみたいですね。

うーん、どこを見ればよくわかるのかな・・・。


「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2013」上位20ファンド byインデックス投資日記@川崎

ふむふむ。わかりやすいもんです。

米国株式の特定口座対応とかの話があったので、来年は米国ETFが増えるのやら・・・。
国内ETFと投信のさらなる洗練が待ち遠しい。
アクティブファンドの増加も期待してます。

ちなみに、おいらが投票したのは
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」へ投票しましたよ。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)(1550)
が20位以内に入ってました。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、バランスファンドがいっぱいある中で残るもんですな。
このランキングに載る物は何かしらいい物を持っているのだろうなと思ったおいらでした。


posted by 会津のさむ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年12月16日

NISAについて

NISAについて、結構色々と話が出てきているのでゆる〜く簡単に書いてみる。

おいらは基本としては使いません。でも、キャンペーンの賞品目当てに開設してちょこっといじるかもしれませんが・・・。


理由としては、ぶっちゃけ。未来はわからないからですな。
よく、非課税で煽ってるけど利益が出たときだけ非課税で損をしたときは損益通算無しなんですよね。
おいらの考え方の軸だと、損(通貨価値の濃厚化というのかな?)が出たときに損失持越しや配当と相殺等の戦術が使えないんですよね。

人それぞれの戦略があるからそれに合った使い方をするのが一番なので、おいら個人の意見として出しておきます。
5年の期限を取っ払ってくれればまだまだ考えられるんですけどね・・・。

そうそう、おいらが書くよりも
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー流「NISAの考え方のキモ」
を紹介しておきます。



とりあえず


次回予告を見てもらって
NISA口座を使う皆様に、5年間で御利益がありますように・・・。

これを言いたいだけだったりもする(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年11月04日

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」へ投票しましたよ。

気がつけば7年目くらいになるのかな?

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」

何気に2007年からひっそりと参加だけはしてたりしました。
昔はライブドアにこのブログがあったりしましたけれども。
確か、あの頃はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに投票したんだっけかな。


今年は、正直言って現在個人でよく使っている道具を選びました。
1306 TOPIX連動型上場投資信託
1547 上場S&P500米国株
1550 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
セゾンバンガードだけは記念に・・・。


何気に気がつくとETFばかりの保有に。今年は色々再編成したのでその時に効率よく乗り換えてます。
投信積立関連は、eMAXISを中心に運用してます。1万円貰っちゃったしね(´ヘ`;)

いやー。過去のFund of the Year見ていると懐かしいですな。
おいら自身、変態な調教投資関連の教育や学習を積んで経験していくほど、戦略や戦術、使う道具や税制への適応が変わるもんさ。

資金の出し手のインテリジェンスによって運用手法は制約される
どこかで聞いたけれども・・・なるほどなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年10月26日

リバランスというか陣地転換

さて、前々からちょこちょこ陣地転換やってましたが今回大きく変えてみたので報告でも。

陣地転換ではあるんですが、戦略を変更のほうが正しいのかな・・・。
てなわけで、インデックス投資風積立、401k、個別銘柄の3つに影響出ています。

(11/11に修正。インデックス風は8月に換装してたのを反映してなかった(´ヘ`;))
インデックス投資風積立(10月12日のを転記)




401kの現状比率



転換作業は
インデックス投資風積立は、ETF→ETFで迅速に転換。
401kは、スイッチングに売却→買い付けに1週間ぐらいかかりました。

ちなみにインデックス投資風積立の先進国株式にS&P500連動の上場インデックスファンド米国株式の比率を多めにしています。401kは選択肢が少ないからMSCI連動で・・・(´ヘ`;)
インデックス投資風積立の詳細だと



基本、米国重視の戦略ですな。


個別銘柄だと、持ってたインデックスETFをTOPIXからS&P500に切り替えたりしてます。
バリューで何を買えばよいかわからない時はインデックスETFに限りますな・・・(´ヘ`;)
微妙にレバレッジをかけて遊んでいるのは秘密。



そうそう、NISAとかで盛り上がっているみたいですがおいらは多分やらないかな・・・。
個別銘柄(高配当バリュー)とインデックス風積立のコンビネーションだと損益通算できないのが結構痛いんですよね。
現状、含み益だらけで過去の繰越損失も0なので考えなくてもいいんですが、リーマンショックみたいにマーケットがボロボロになった時やミスを修正する時に大事なんですよね。
100万円というスケールも使いにくいにくいもんさ(´ヘ`;)


さて、のんびりと今後を見守りますか〜。
posted by 会津のさむ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年09月23日

8月末日のパフォーマンス

なんだかバタバタ忙しくて放置してた(´ヘ`;)

真面目に、こんなにパフォーマンスを出してみるのは今だけで飽きるとパフォーマンスなんて出さなくなると思います。


インデックス投資風積立 30.9%
セゾンのままだったら  23.1%

うーん、前の報告時より微妙に差が縮まっちゃいましたかな。

やっぱり、株式比率が高いとボラディティが高いっぽいので〆日次第でパフォーマンス値が変わりやすいのかもしれません。


とこういうのをどこかで見たなと思ったら

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2

あぁ、この本の2章だった・・。
そして、そこには相関係数についてもあったりしますな〜。
有効フロンティアなんて懐かしいもんです。
そして思い出す現代投資理論。価格変動の話とかあったよなぁ・・・。
気がつけばアニマルスピリットで高収益重視だったのでそれをすっかり忘れてた。


ふと、調教教育が染みこんできているのかなと思う今日この頃。
元本割れてもハッピーだ!(第一章)だよなぁ・・・。
後でゆっくり復習でもしますかね。


インフレをちらつかされていると怖くて株式しか資産として持ちたくなくなったおいらでした(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年07月08日

6月末日のパフォーマンス

今時期だけ更新かもしれませんけど、セゾン投信の6月28日現在のパフォーマンスが更新されたので(´ヘ`;)

インデックス投資風積立 34%
セゾンのままだったら  21.67%

結構、セゾンが下げてますな。


現在(7/7)のインデックス投資風積立のアセットアロケーション




日本株式たっぷりなんですけどね。
マイルドな下げになってます(´ヘ`;)


勝手参戦のk2k2D



結構悪くないみたい。余裕が出たら経過データをみてみますか。

当面は、先進国株式(特にS&P500)と日本株式(TOPIX)あたりだけでもいいパフォーマンスが出せるんじゃないかなと思うおいら。
まぁ、未来は誰にもわからないので自己責任でお願いします(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年06月08日

現状のパフォーマンスを確認してみる。

5月31日現在のセゾン投信のデータが更新されたので取り急ぎ更新してみる。


インデックス投資風積立 39.8%
セゾンのままだったら  28.83%

なんとか1割超えですな〜。
ただ、現状のマーケットが荒れてきたのでどうなることやら・・・。


ちなみに個別銘柄は半分ぐらい現金化してあり、これからまた買い始めようかなと。
今ぐらいだといい感じのバリュー高配当がでてくるので非常にありがたい。
そんなこんなで、利回りが下がったものを確定した利益を合わせて陣形の大規模な編成しなおしをします〜。


ちょこっと優良高配当株を投げ捨ててもらえるとありがたいなと思ったおいらでした(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年05月24日

どんがらがっしゃーん?

正直、あんまり下がった気がしないのはおいらだけでしょうか。
5月頭から一気に上がった分の調整かなと思う今日この頃。

毎日どんどん高値にいくほうが怖い気がしますな(´ヘ`;)
上がり方も狂っていたし・・・更なる高値への調整となるといいもんさ〜。


まぁ、こういう時は、臆病なくらいで丁度いいのよねって言うのもありましたよねw


昨日までのマーケットがこんな感じですよね。どんどん一番乗りを目指して16000まで勢い一直線でせまるから凄すぎる(´ヘ`;)



大丈夫だ、タイミング&レバレッジさえ間違わなければ十分逃げ切れる。
個別銘柄運用、いろいろ想定してがっちりと陣地構築をしていると全然大丈夫ですな。
インデックス投資風積立も日本株85%で運用していても何かありました?というような感じです。

まぁ、無理しないでのんびりと見て行きますか。
キャッシュポジや余力も多少はあるけれども無理に攻めなくてもいいかな。
軽く入れ替えを検討していますが・・・そこまで下がってないのよね。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく
おいらとしては、懐疑の中で育っている状況だと思います。
こういうプチイベントに徐々に慣れていって楽観になって成熟してテレビや新聞でもてはやされて、幸福感の中で徐々に株価が下がって消えていく・・・こんな感じだと思いますな。



日経225先物オプションのスレを見て、こういうのは怖いなと改めて痛感するおいらでした。
何をやっているのかを検討して売買すればいいけれども、わからないでやるとこれは危険ですな〜。
posted by 会津のさむ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年04月28日

リバランスというかスイッチングのような陣地転換

さてさて、ポートフォリオの組替えの話でも。
実際に、個別株部門、インデックス部門、401k部門の3部門を同時に指示を出してやってみた結果でも。


個別株式では、ETF→ETFへの乗換を信用枠で。
信用枠だと手数料も安いし・・・現引きをすぐやればいいのでコスト面で良いかと。
1日でポジが入れ替わって非常に快適でした(税金を取られること以外は・・・)
ちなみにインデックス部門の乗換時の空白期間をフォローするために少し多めにポジを確保。
自走砲とかの陣地転換時の支援無し空白期間を他の火力に一時的に補ってもらってる感じですな。


次にインデックスでは、長期保有コスト削減もおまけでやりたかったので基本的に投信→ETFになるようにしました。
指示を出してみたら受け渡しが5〜6日くらいかかって空白期間がありすぎだと思っていたら3日目くらいに株式買い付けが可能に・・・端数を残してETFに転換できました。
投信売却の約定は2日目、受け渡しがめちゃくちゃ時間がかかる(新興国株式は特に)というのがよくわかりました。
受け渡しには時間がかかるけれども、ETF買い付け可能が早くてありがたかった。


最後に401k、これはスイッチングボタンがあるから楽なんですが・・・。
ログインすると閲覧できるスイッチング日数表というものの通りで、売却した投信の受け渡し日が買いの発注なので空白期間が長いです。
おいらは持っていなかったけれども新興国関連は特に時間がかかりますね。



まぁ、おいら個人のまとめですが(証券会社や契約状況によって違うかもしれないので)

国内ETFは非常に便利。おいらは信用枠で入れ替えましたが1日で瞬時に変えられます。
正直、個別株の一部はセクター別ETFで運用で良いかもしれないと考え始める始末。
おいらが高配当バリュー銘柄と思うものも無くなってきてるみたいだし(´ヘ`;)

投信は端数処理が楽ちん。投信→ETFで売買したけれども投信→投信でも3日で入替できるかも?
ある程度まとまったなら税金を考慮したうえでETF乗換はやっぱりいいね。
最近のインデックスファンド、手数料が安いからおいらも投信のままでいいかなと思ったけれども受け渡しを考えると・・・。
受け渡しで現金化なんてめったにしないでしょうけれども(´ヘ`;)

最後に401k、これは本当に時間がかかるので新興国の運用は特に考えさせられますね。
長めの時間軸からするとほんのちょびっとの空白時間だから気にならないかもしれませんな。
どうせ時間軸がそれなりに強制的に長めなもんだしw



最後に、401kは譲渡益が非課税はウマー
個別やインデックスは課税されるのでETF乗換は計画的に・・・。
posted by 会津のさむ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年04月20日

パフォーマンス測定でも

普段はそんなにパフォーマンスを測定したりしないんですが・・・。
インデックス投資風積立のポートフォリオの組替えを陣地転換みたいにしたのでその報告を含めてでも。
マーケットが冷え切っていると分散ポートフォリオで放置プレイになります(´ヘ`;)





日本株式 85%
海外先進国株式 15%

日本株式
1306 TOPIX連動型上場投資信託
eMAXIS TOPIXインデックス
JFザ・ジャパン
SMT TOPIXインデックス・オープン

海外株式
1550 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
SMT グローバル株式インデックス・オープン

まぁ、こんな感じになりました。

2013年04月04日インデックス投資風積立の現状
これから組替えした後ですな。
その間の陣地転換中についてはまた今度に・・・。転換中が無防備なのがよくわかる(´ヘ`;)


インデックス投資風積立のおいらが運用とセゾングローバルバランスファンドのまんまを3月末日で比較してみる。
以下、投下資本ベースでの測定

インデックス投資風積立 +28.6%
セゾンのままだったら  +18.8%

とりあえず、10%のアウトパフォーマンスは出せた模様。
今のようなマーケットの時だけこういう運用で、普段はセゾンの比率を自分が好きなものに一部組替えて運用が無難なのやら。


そうそう、個別株式と401kは別会計にしてあります。
まぁ、401kは似たような運用に・・・。
個別株でも1547みたいなものを持ってます。

個人的に考える現状の理想が、日本株式はTOPIX、海外株式は米国S&P500だと思います。
インデックスの海外株式、米国比率が高めで妥協していますけれども・・・(´ヘ`;)



投資は自己責任。リスクは人それぞれなので、自己判断してのんびり運用していきますか〜。
posted by 会津のさむ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2013年04月13日

ポートフォリオの達人、経過

さてさて、なんとなく経過でも











17→6→7ってな感じの推移ですな。
もう、10位以内に一回入ったので満足です。
とりあえず、6位を超えることができたら嬉しいもんだ・・・。
2ヵ月後に散っていても面白いなと思うおいらでした。


このポートフォリオ、3月の時点でのおいらが考える一番リスク回避型のポートフォリオです。
本来は国内TOPIXと先進国株式を1:1保有かなと思ったんですが、3つということなので消去法で外国REITを入れたわけで。

現状、国内TOPIXと外国REIT配合比率と新興国をどれだけ含まないかで上位が決まっているのかも。
おいらは基本的に新興国はあまりポートフォリオに入れたくないので結果としていい感じなんでしょうね。



セゾングローバルバランスファンドでいいんだけれども新興国株がいまいち・・・そうすると債券比率も・・・(おいらのパターン)
最初はインデックスのバランスファンドである程度積み立てたらeMAXISのようなインデックスファンドというツールを使って自己運用というのも悪くないなと思ったおいらでした。

インデックスツールについて、
SMT、eMAXIS、eシリーズ、Funds-i、年金積立等実質コスト比較 インデックス投資日記@川崎
おいらはこちらをひっそりと参考にさせてもらってたりします(´ヘ`;)
個人で納得のいくお好きなものを積み立てるのが一番ですけど、ある程度はコストも考えますか(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など