2017年01月04日

2016年のパフォーマンス等々

あー、パフォーマンスの測定方法も少し考え直さないとモニタリングに支障が出始めた今日この頃。
そろそろ、次のモニタリングシステムを改修しないといけないのやら。

そんなこんなで、大体の目安として出してみますか。
残っていたデータから出してみたのでは
2016年
投下資本ベースの積み立て
+57.1%
投下資本ベース401k(拠出停止中)
+30%
個別株運用が単年度決算で(保有株式は年末評価額で評価、売買益配当含む)
+9%

2015年のデータを出していなかったので残ってたデータから
投下資本ベースの積み立て
+49.2%
投下資本ベース401k(途中から拠出停止)
+33%
個別株運用が単年度決算で(保有株式は年末評価額で評価、売買益配当含む)
-9%

あれ、2015年の個別運用がマイナスだったのか。
原因が何だったのかがさっぱりわからんw
そんなに2014年末の評価額が増えていたのか。
基本として配当金は再投資せずに家庭内金融に吸収されています。

2016年は401kの楽天証券への乗換が予想以上に時間がかかったのが反省要因かな。
まさか12月までかかるとは・・・9月下旬手続き開始だから11月上旬には終わると思っていたのに(´ヘ`;)
トランプ大統領で上がるんじゃね?と弱い自信があったのですが、ここまで強く上に行くとは思わなかったもんだ。

米国リートでゆる〜く運用しようかなと思うと、家庭内金融に配当金を吸われてかえってパフォーマンスが低下しているんじゃないかと思うけれども深く考えないことにしたおいらでした(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2016年11月20日

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016に投票しましたよ

毎年恒例というか少しマンネリ気味というか、ネタが信託報酬くらいしかないのかなと思う今日この頃。

とりあえず、
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」
こちらに投票。

今回はあんまりネタがないなと思いつつ、いつもな感じで

セゾンバンガードに2点
毎年1点は入れてるし、確定拠出年金に参入したから2点かな

i-mizuho 米国株式とかいうのに2点
積み立てするのに楽なのよ。後々、ETFにしちゃうけど

SPYに1点
行きついた感じかな。米国バブルが始まって終わるまでこれでいいんじゃないかなと。


こんな感じで、少し醒めた感じになっております(´ヘ`;)
右肩上がり相場なので、インデックス投資関連で変な表現や宗教チックな動きが出るのかなと生暖かくデータとして採取していこうと思ったおいらでした。

正直、神の手は怠惰過ぎると思うので想定外のリスクには気を付けないといけませんな。
予定通り事が運ぶことはめったにないといっても、予定をたてないわけにもいかないってどこかで聞きました。
まぁ、おいらも生き残らないといけないので困ったもんだ(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年12月29日

インデックス投資ウォッチング3

2と題名つけたから3くらいまでは続けてみますか。

ここからはあまり整理していない考えをなんとなく書いてみる。
3と言ってもあんまり関連性がないかもしれません(´ヘ`;)

とりあえず、インデックス投資の博打成分についてでも。
おいらが書くより既に1、2の領域の人が書いちゃっているのでそちらのリンクを・・・。
統計の考えが主流ですな。

インデックス投資は絶対儲かるか?
この記事をベースに、
他の投資法を批判するだけの自称インデックス投資家の狂信的なインデックス原理主義者が問題なのが、インデックス投資は博打じゃないと言う誤解を生むような発言しながら批判する事ですな。

多分、それを見て
セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは預金代わりにならないよ
ああ・・・これか。なんか、書かなくても誰かが書いていてくれる世の中は素敵。
こう言う誤解を生むようになるのかな。
最後に、ちょこっと引用
なお蛇足ですが、預金のような「元本保証で、利率が決まっている」金融商品が欲しい人は「まんま預金」か、「個人向け国債」が良いと思います。
以上引用終了
完璧ですな。元金を減らさないと言う価値観も大事なわけです。
たまに絶対収益と聞くと脊髄反社でアクティブファンドと思ってしまう狂信的なインデックス原理主義者には元金を減らしたくないと言う価値観がわからないと思います。
まぁ、そんな狂信的な原理主義者の方はインデックス投資の原理や原則が怪しかったりしますが(´ヘ`;)

リスクの認識がおいらの感じる違和感の原因なのかなと思うもんです。
リターン/リスクは正規分布か!?
正規分布仮定で平均・分散を使うことの危険性 (参考:『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』)
投資対象に平均・分散は無いかもしれない。ではどうする? (吊られた男の場合)

本当に書かれていてありがたい。
あと期待値プラスもそれは正しいのだけれども念の為に。どうしようもないんですけどね。
投資の最大損失は、年間リターンから-2σじゃないですよ
被弾の仕方ではどうなるか・・・まぁ、元々未来は誰にもわからないから色々と統計とかの先人の知識と経験を駆使しているわけなんで、どうしようもないです(´ヘ`;)

とりあえず
日銀総裁が語る「テール・リスク」への対応策とは
テールリスクについて紹介して置いてみます。

おいらの私見だとリスクはヘッジしきれる物じゃないからダメージコントロールは覚えておくといいかなと思ったり。


何となく書いていたのだけれど・・・1億円とかのキーワードネタやインデックス投資と言ってはいけないような亜種(おいらのインデックス投資風を含む)の存在も確認できたのでそれを次は余裕あるときに書いてみますか。

蛇足で
ウォール街のモメンタムウォーカー
これが何か元ネタとなって色々とあるのかなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年12月23日

インデックス投資ウォッチング2

さて、前回のインデックス投資ウォッチングの続きをゆる〜く書いてみる。

前回インデックス投資の分類って言っていいのかな。1、2、3、4の領域の人。
全く問題ないと言うか、どんどんそのままでいいよなぁと思うわけで。
インデックス投資理論をさらに深めるもよし、リアルの生活で手一杯だからほったらかしながら継続もいいし。
他の投資理論を覗いてみるのもいいし。(これは頭を真っ白にして真摯に頭を垂れて学んだり教えを乞う感じが大事かも)

個人個人の状況や基礎データの違いを見つつ自分だけの地図を作って進めばいいし。
ただ、リスクだけは絶対に忘れない・・・投資(特に個人的には株式資産を含む場合)はリスクの大なり小なりバクチの領域でもある事を絶対に忘れてはいけませんな。


多分、他の価値観や投資法の世界から色々言われるのは5の「よくわかっていないのに他の投資について文句を言う人」領域の人なのかなと思ってみる。
インデックス投資を他の投資領域の人から誤解させている人と言ってみますか。
インデックス投資にいちゃもんを付ける他の価値観の人よりも、もっとヤバいと思います。


ふと、突然思い出す。ググる先生で検索・・・

ズキュウウウン
「狂信的なインデックス主義者」と言われないための3つのポイント
狂信的なインデックス原理主義者にならぬよう、Rockyさんのグラフを確認する

さすがにゃんこ先生っ!ブログに書きにくい事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!

うーん、関連記事を見ると

インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1
インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その2

さて、何を書こうか・・・。
と言うことでおいらの価値観で思ったことでも。

他の投資法に意見を言うなら、自己の投資理論に基づいた価値観で言ってみる・・・でも、お互いに理解できる領域でないと話にならないか(´ヘ`;)

あぁそうか、その前に使っている投資理論を本当に理解しているの?それに基づいて意見を言ってる?自称その投資理論者で微妙に間違った事を広めて他の同じ投資理論者に迷惑かけてない?
これのほうがいいか。要はインデックス投資に迷惑をかけないでほしいと言うのがおいらの意見ですな。

ハンス・フォン・ゼークトさんの「軍人は4つに分類される」でもインデックス投資に当てはめて考えると
怠け者大歓迎、有能な人も大歓迎、無能な働き者さんは・・・迷惑かけないほうがいいよ(´ヘ`;)


こんな感じになるのかね。
ちなみにおいらはインデックス投資に迷惑をかけないようにするため、インデックス投資風と言う自己価値観で現在は動いてます。だから考え方は好きだけど体が調教されて勝手に自己流な動きを今はしちゃうんですよね。
インデックス投資の優秀さは外にいるとなるほどと思えるもんです。
投資についてどれだけの労力を費やしても確実なリターン向上は保証できない(てか、普通は減る予感)ので、投資について勉強も嫌いだしほったらかし大好きな怠け者には最高の手段の一つだなと思うおいらでした。
でも、リスクは大なり小なりあるから博打成分入ってますのでご注意を・・・。


やっぱり右肩上がり相場のせいか。
普段はこんなのを書かない怠け者のおいらがこんなのを書いてしまう(´ヘ`;)
未来は本当に誰にもわからないもんさ。
posted by 会津のさむ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年12月20日

インデックス投資ウォッチング

さて、気が付けば12月なのでなんとなく更新。

それにしても、右肩上がり相場は面白いもんです。
おいらは業績が伴っていないのは好きじゃないのです。


そんな感じでこんな環境でふと気が付いたウォッチング感想でも。

インデックス投資をしている人がどのようにインデックス投資に行き着いたのかでインデックス投資に関する奥の深さの違いがある予感がする。

何も確証とか無いですが個人的に思った事になりますが、とりあえず整理してみる。
あくまでおいら個人の今現在の考え方なので・・・暇つぶしくらいなので荒れないように(´ヘ`;)

1.最初に大きく、他の投資から行き着いた人といきなりインデックス投資の人に分割。

2.いきなりインデックス投資の人で、投資の世界の中に基づいたインデックス投資の理論や優位性を理解している人かそうでないか。

3.投資の世界に基づいた理解をしていない人で統計知識やデータ処理の理解や、数学世界と現実世界の違いを認識しているかしていないか

4.認識していない人で、黙々粛々と己の考えた配分に従って継続する人と他の投資について文句を言うか。

5.よくわかっていないのに他の投資について文句を言う人。

こんな感じに分類してみますか。



これはもう・・・他の投資よりもインデックスの方が・・・と身に染みた経験がある人かな。
過去の運用結果や自己能力、投入手間などを考えて答えが出ているので外の世界も知ってるし。
インデックス投資の話よりもそこに行きつく話が知りたいもんです・・・バリューインベスターにゃんこ先生とかを某ランダムウォーカーブログのスピンオフで見てみたいw


世の中には色々な投資があった上で、その平均値を使った運用手法でフリーライダーがうまいっすを理解しているかどうかと、他の投資法や価値観の存在と相互影響が理解できるかかな。

ここまでが、投資が好きだったり好きじゃないのに泥沼に足を突っ込んだことある人のラインの予感が。
奥の深さと言うかいぶし銀というか・・・いい出汁が出ているところだと思います。


投資もやらなきゃならんけどそこまで手間や時間を投入できない。
このインデックス投資理論のしくみや考え方を理解してリスクも現実世界でわかっているからとりあえず使っていくよ。

このあたりが面白いと思います。
外から見ると3の人だけど、自称3の4と5の人もいる感じです。
1と2の人も普段はこんな感じでネコをかぶっている感じ・・・と言うか普段は差異はみられないかな。
合理的でスマートな感じなので、4と5の人が背伸びをするのはそんな理由かと思います。



細かい考えはわからないけど、とりあえず分散投資だ領域かな。
インデックス投資理論をおおまかに把握、詳細になると・・・。
期待リターンについての考え方がどうなのかが一つの指標だとおいらはおもってます。
あといくらまでの損は容認できるかの話も試金石に混ぜておきます。
出口戦略も試金石に入れておくか…


わかっているつもりでよくわかってない人かな。
上記の1.2.3.4がわかっていないから普通に他の投資法に文句が言えるわけで。
絶対収益と言う人に会ったことがないと言う言葉を聞いたりして結構びっくりする世界かな。
絶対収益は全額預金や定期預金、個人向け国債も入るのだけれども・・・それがわからないとなると、インデックス投資の値幅がリスク値と言う理解ができてないんじゃないかと思うわけですな。
預金100%の人の気持ちもわからないんじゃないかなと(´ヘ`;)


そんな感じであくまでおいら個人が独断と偏見で分類してみました。
前々から思っていたんだけど右肩上がり相場でちょこっと見えたような気になったのでまとめてみた。
特にみきまるさんの




このツイートを見て書きました。その前に絶対収益について別な人のぉぃぉぃなのもあったんですが。

多分、1と2の人は投資家として成長できる素地はある予感。
3は2になればいいけど、元々が忙しいからほったらかしているのにそれに時間を注入はしているリアル時間が無い。
偽の3には元々の素地が無いから無理すんな。
4.5は3を目指してその後に時間があれば2を目指してもいいけど・・・3の項目へ。

そんな感じかなぁ。
元々がベストでないけどベターな判断がインデックス投資なので、本当に投資という物が好きじゃないと投資家として成長は見込めない気がしますな。

と言うおいら個人の偏見を書いてみた今日この頃でした。


おまけ
毎月分配投資信託・・・おう、がんばれよ。
これはファンドの運用構造についての話なので、自己の投資戦略や手法にあってればいいかと。
おいらはにはどう使っていいのかわかりませんが(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年11月27日

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015に投票しましたよ

今年もこの季節・・・去年の今頃から記憶が途切れ途切れになっているおいらです。
なんとか投票&更新できてよかった。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」

今回もこんなのがあるんだと名前を目にしてもらう事を目的な投票をしてみますかね。
おいらが使ってるものを多めで。最初は普通の物でも(ぉ

96311073 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
まあ、とりあえず・・・。これは基礎としていいと思いますので。

次は
2931113C ニッセイ外国株式インデックスファンド
本当に信託報酬が安くなりましたね。ありがたい。
この調子で伝統4資産は、インデックスファンドの品質を維持しつつ価格競争を希望です。


これからは、名前を目にしてもらう感じかな。おいらは使ってたり使いたいやつです(´ヘ`;)
IYR iシェアーズ 米国不動産 ETF
国内ETFでこれ関係のをいじってます。

4831C139 i-mizuho米国株式インデックス
個人的に売買するのに便利なので・・・ETFは取引金額が多いとめんどくさい
投信で扱えると便利なので後は信託報酬を下げてください(´・ω・`)

6431115A SMT 米国REITインデックス・オープン
これも個人的に売買するのに便利なので・・・(同上)

本当に最初の頃に比べて、個人投資家にはいい環境になったなと思ったおいら。
併せて月日は流れるのが早いもんだと実感したおいらでした(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年11月22日

たわらノーロード 日経225

かなり久しぶりの更新なので実験を兼ねて・・・。

インデックス関連でコスト競争が始まっているみたいですな。
おいらとしては、トラッキングエラーが出なければ素晴らしいと思うわけで。


ふと、たわらノーロード日経225が出たので推測文を書いてみますか。
まぁ、ツイートしてますが

多分、現物だけでインデックスを追従するコスト競争には限界が来たのでデリバティブを使ってファンドの運営効率(コスト削減)を上げているとおいらは推測。

とりあえず、先物ガーと言うのは自由なんですけど・・・ある程度先物は学んだほうがいいかと(´ヘ`;)
学ばなくても、トラッキングエラーを見てから文句を言いましょう。
先物をうまく扱えなかったサラリーマンファンドマネージャーの腕にw

今後は225→TOPIX→国内債券
こんな感じでたわらシリーズは出るんでないかな。
まぁ、ツイートの方で先に言ってたりしますが




こんな感じかな。


んで、ファンド運営のコア技術が先物を組み入れてコスト削減&証拠金の現物国債保有による金利収益かなと思ったので
堂島の米の先物取引をもじって「たわら」シリーズなのかなと思ったわけでした。


とりあえず、様子を見てみますかね。
posted by 会津のさむ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年05月31日

ちまちまとポジ変更

はてさて、多忙な日々でありまして・・・。
今月中には一旦片付くとは思うのですけどね。


そんな訳でいつまでやるのかわからないですがマニアックな体制にちまちまと移行中。
個別運用でも当面はレバレッジ無しでのほほんと運用していこうと思います。


最近、債券ネタをいろいろ見ていると何とも言えないと思うおいらなのでした。
インデックス視点からだと正しくても、別の視点から見ると何とも言えなくて(´ヘ`;)
まぁ、未来は誰にもわからないのでのんびり見ていきますか
posted by 会津のさむ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年04月17日

多忙により・・・

色々と死んでます(´ヘ`;)

そして、3月中にちょこっとポジを変えたので公開してみる。




いつの間にか円キャッシュに。
個別銘柄も401kも似たような感じになってます。

と言うかこれを最初に書きはじめたのが4月頭頃というのは内緒です(´ヘ`;)


気が向いたら突然変えたりしますが気にしないでくださいな〜。基本、自己責任の判断でどうぞ。


k2k2ダービーやらポートフォリオの達人とかを見直している余裕がないおいらでした。
また、余裕が出てきたら見直します(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年02月28日

ああ・・・すっかり忘れてた

何だかんだで多忙な日々。
そんなわけで、インデックス投資風積立とセゾンのままだったらの投下資本ベースでの昨年末の比較でも。
ちょびっと誤差が混ざってるみたいだけどそんなに影響なさそうなので放置(´ヘ`;)

インデックス投資風  +64.6%
セゾンのままだったら +56.14%

セゾンから乗り換え

実施していた場合としなかった場合は8%くらいしか差がないんですな。

原因
1.右肩上がり相場での組み替え時の確定利益に対する課税が一番の問題点です。
結構税金を払ってるので・・・そう考えるとバイアンドホールドの利点がよくわかるもんです。

2.あと分配やら配当金については、個人の都合上再投資していないのも影響があると思います(´ヘ`;)

3.もう一つ、下げ相場で含み損が出ている時に個別運用の配当金等の課税回避のためにわざと確定損をだして損益通算してます。ついでに調整やら乗り換えやらETFにリレーとかしてるんですが。


そんな感じで、原因1が普通にインデックス運用する上で結構ロスが大きいと思います。
2と3の問題はおいら個人の事情があるので・・・なのでインデックス投資風なのです(`・ω・´)


これから言えるのは別に毎月分配型の投信に文句を言うわけではないけれども・・・。
毎月分配型投信は上げ相場では課税ロスがあるんじゃないかなと思いますな。
下げ相場では課税ロスはないけれども、確定損の損益通算での確定利益の課税からの救済が3年以内にできればいいですができないと悲劇かなと思います。

わざわざめんどくさいシステムを使わなくても・・・と思いつつ、使いたい道具がそのシステムしかないなら仕方がないよなぁと思うおいらでした。
人によってこだわりがあるならそれに貫くのも漢なら仕方がない(笑)



傾奇者のように大暴れしていただけると嬉しいもんです。遠くから生暖かく見守らせていただきます。

おまけ


これがツボにきているおいらでした。スキマ時間に艦これしますかw

おいらはこっちの提督の決断が好きなので・・・意表を突かれました(´ヘ`;)

posted by 会津のさむ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2015年01月03日

2014年のパフォーマンス

面倒ですが・・・大まかにパフォーマンスを出してみる
去年のをコピペ気味に出してみますか(´ヘ`;)

投下資本ベースのインデックス投資風積立
+64.6%

同じく投下資本ベースの401k
+47%

個別株運用が単年度決算で(保有株式は年末評価額で評価、売買益配当含む)
+22%

となってます。

個別株運用、10月にキャッシュへ避難した時の課税が結構効いてます。(特定口座源泉有)
インデックス投資のバイアンドホールドって、上昇相場の含み益の複利効果が凄いのかもしれんと実感。
ちなみに課税されていなかったら35%は越えてたかな。
こういった別の視点から見る技術や効果って新鮮なもんです。

ちなみに、投下資本ベース評価のインデックス投資風積立と401kを去年からの継続で見ると
インデックス +57.9%→+64.6%
401k +47%→+47%
まぁ、毎月積み立てているので投下資本ベースだと0に収束しやすい測定法です。
401k、今年に積立てた分に含み益が乗ってる感じに。
インデックス投資風積立は・・・後日、セゾンバンガードをそのまま積立てた場合と比較してみますか(´ヘ`;)


色々と学んだり考えたりして実践して体感して見て思うのが、インデックス投資の理論はベストではないけど悪くはない運用方法なんだなと思いますな。
正直、機動売買で利益を積み増す技術を持っている人って凄いなと再認識したおいらでした。

リスクを値幅でなく通貨価値の希薄化への対応に切り替えているので、純粋なインデックス投資ではないけどそれっぽくk2k2積んでたりするのでインデックス投資風とリスク値を切り替えるまで呼び続けようと思います。
リスク値を値幅にする目安については・・・おいらもさっぱり出口戦略を考えていないのでそっとしておいてください。日銀が出口戦略を実行する頃には考えていると思います(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年11月09日

現状のインデックス投資風積立でも

はシェルターに全力で駆け込んでたんですが変更してたのを今頃報告でも・・・。




微妙な内訳は



もう元に戻りました。

ただ、前回と違うのはおいらの持ってる全体のポジからマーケットインパクトも考えた設定にしました。
なので逃げるときはいの一番で逃げます(`・ω・´)
そして、一部レーダーシステムを強化してみました。どういう効果が出るのやら。
自前の勘ピューターと連動させます(´ヘ`;)


それにしても、追加緩和をこのタイミングでやるとは・・・消費税増税は既定路線ですな。
おいらは綺麗に乗れてませんw
気分としては、円キャッシュで安全と思ってたら



アッラーーーーーム!!
ってこんな気持ちです。参ったもんだ。
追加緩和の内容解析とGPIFの効果測定を急いでしたもんさ。

そんなこんなで、こんな感じでシェルターから全力離脱です。


素敵な疾走感。この映画の最後のようにならないように祈っておきます。


おまけ

アゲイン
この先は暗い夜道だけかもしれない、それでも信じて進むんだ。星がその道を少しでも照らしてくれるのを。
さぁ、旅に出よう。

過去のデータを軸にしてそれから割り出したぶれ幅を参考に作った地図で許容安全地帯を推定して進む方法。
少しでも先を見ようと努力してより安全な方法を考えて前に進む方法。
野生の勘で狩りをする方法w

まぁ、他にも色々あるから・・・。
音楽も自由ですが投資も自由だなと思ったのでなんとなく動画を載せてみた今日この頃でした。
未来はさっぱりわからんもんさ〜。
posted by 会津のさむ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年11月03日

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014 に投票します

また今年もこの季節がやってきました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」

今年も選んでみますか。
今回はこんなのがあるんだと名前を目にしてもらう事を目的な投票をしてみますかね。

まずは
96311073 セゾン投信:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
これは初期のころからずっと・・・。
おいらもお世話になりましたし、投資を初めてやる人にはいいんでないかな。

次は・・・ここからおいらが好きな現在のセクターです。
0231110A 日興AM:上場インデックスファンド米国株式 (S&P500)《上場S&P500米国株》
01313108 野村AM:NEXT FUNDS NASDAQ-100(R)連動型上場投信《NASDAQ-100ETF》
SPY ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ:SPDR S&P 500 ETF
QQQ インベスコ・パワーシェアーズ・キャピタル・マネジメント LLC:パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1

前回投票時にも書いたことがよくわかる・・・。
毎年毎年、どんどん自分の戦略や戦術、使う道具が変わるもんさ。
自分の資金規模やマーケットの許容量についても考えなきゃいかんなと最近考えるおいらでした。
インデックス風だけでも海外ETFで直買いしますかね・・・楽天証券さん、手数料安めで特定口座対応を早めにお願いしたい。
posted by 会津のさむ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年10月19日

信用膨張か収縮か

さて、緊急作戦として円キャッシュにほとんどの資産を集結させてからのんびりと。

未来は誰にもわからないのでおいら個人の考えになりますが、信用収縮が始まってる予感がします。
そんなこんなで、先週のダイジェスト(イメージ)



エイリアン2の植民地海兵隊のようにG退治みたいなノリで右肩上がり相場を突っ込み続けたら、やっばいリスクに突然囲まれた感じです。
居るのは知っていたけれども、ここまで一気に間合いを詰めてくるとはおもわなんだ(´ヘ`;)
APCを突っ込ませて早めに格納して、円キャッシュで逃げました。
まぁ、逃げた先の円キャッシュが正しいのかどうかはわからないですが・・・。


これだけだとあれなので、第三者が見れるデータとして[1st Period]第4回k2k2ダービー Week3を見てみますか。

アカベコ轟天号が9%ぐらいの評価損が出てますな。
8番9番10番の斤量背負ってたりベアを積み立てているのはそっとしておいて・・・普通に積み立てている人が全部評価損なんですな。
そして8枠がスタートしてから3週間ですが、半分より上に居るんですよね。

まぁ、ただの一時的な調整中なのかもしれませんけど・・・(´ヘ`;)

参考としてかなりアバウトですが、おいらとしては、週の始めにAPCで逃げたのをデータで見ると
10/10にアカベコ轟天号をキャッシュにしたとして47,729(実際は週の始めなのでもうちょい下)
10/18に47,729がどこになるかというと、セゾンバンガード・GBFが47,666なので・・・。
とんでもなく短期視点で見ると、ポートフォリオの調整は悪くは無かったみたいですな。


これが続いていた右肩上がり相場のちょっとした調整なのか、終焉なのか。
数ヵ月後にはどうなっているのか気になるもんだと思ったおいらでした。

おいらは当面、積み立てもキャッシュのままで様子を見てみようと思っています・・・実際にはどうなるかわかりませんが(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年10月16日

ポートフォリオ調整

土曜に色々集まっていた資料を見て悩んでました







理想としては


こんな感じにきれいな艦隊運動で移動しながら陣形を変えたいですよね(´ヘ`;)


そんなこんなで、色々悩んだ結果こんな感じになっております。




15日には完全に切り替わりました。なんとか間に合ったというかこんなにすぐとは・・・
個別は95%くらい、401kとインデックス風は100%円キャッシュですな。

デスクにおいてあるマユビトのハナゴエも「ハムナイ!」と言った気がするのでこんな感じにしました。

これが正しいのかどうかはわからないもんさ(´ヘ`;)
とりあえず、生き残りましょう。

こういう時って、いっつも仕事が忙しいもんさ・・・これはフラグなのか・・・。
posted by 会津のさむ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年09月14日

右肩上がり相場へようこそ

とりあえず、第3回k2k2ダービー Week24が順調みたいなので・・・。
元ネタを再度張っておきますか。

正直、こんな感じです。




短期的に見て手数料を払っても、各種資産の評価額が増えて元本割れしない。これって右肩上がり相場ですな。




笛吹き男とパレード・・・いい表現w 実際、右肩上がり相場のパレード状態ですよね。
こういう相場はインデックスでもアクティブでも毎月分配でも買い建てだとなんでも評価益になる。
空売りなどをしていたショートカバーの人もいつかは買い戻す潜在的な買い。


本来ならばリスク管理について・・・のほうが良いのかもしれませんがあえて煽ります(´ヘ`;)
リスクをとって投資をしてリターンを得て何か問題があるのだろうか。
毎月分配でもいいじゃないか。評価額が下がらずに毎月分配金を得て年金の補填や毎月の複利効果を得られる。
手数料を払ってアクティブでもいいじゃないか。評価額が増えているから問題ない。
それらの投資行為の内容について本質的に理解してなくても問題ないだろうし勉強する必要はない。
どんどん、日本株式の比率や世界株式の比率、新興国資産の比率を上げてリスクをとればリターンが増える・・・。

右肩上がり相場のパレードにあらゆる人たちがどんどん参加者が増えていくのを見ていて楽しいもんです。
このパレードの中でも、もっと株式比率を上げたほうが…どうして引き上げないのですか…。
あのアカベコ轟天号のように・・・。

いやー、素敵な右肩上がり相場ですね(`・ω・´)

投資はすべて自己責任。
おいらがいつの間にかこのパレードから消えてリーマンショックの時に使ったシェルターに避難しているかもしれませんので。
k2k2ダービーとかは一時的に自己配分と同じになったりしますが、常に同じというわけではないのでよろしくお願いします。
「レースは走る実験室」
データ採取が目的なので、あえて事故を起こさせてデータを取りたいなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年08月24日

今現在のインデックス投資風積立でも

気が付くと放置している(´ヘ`;)

ネタがあったような気もしつつ、地味にインデックス投資風積立の状況でも。



海外株式
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
1545 NASDAQ−100連動型上場投信
eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス

日本株式
eMAXIS TOPIXインデックス

他にはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがちょびっとあるけどそれは含めないでおきます。

前回と変わってない・・・。



ん〜、微妙な内訳でも



米国中心ですよね。



これだけだと、なんも意味がなさそうなので・・・。
米国中心の客観的なリターンをここでみてみる。

[5th Period]第3回k2k2ダービー Week21
今時点の状態が偶然いい感じ。

軽く説明を入れると
i-mizuho米国株式インデックスはS&P500指数

三菱UFJ NASDAQオープン BコースはNASDAQ総合指数・・・と思ったら、これってアクティブな運用なのか…。
個人的にはNASDAQ−100に連動してくれるといいのだけれども(´ヘ`;)
比較してみたらNASDAQ−100のETFに結構負けてるし(´・ω・`)

このダービーを見る限り、バランスファンドのままでいるよりはいい結果なんでしょうね。
これがいつまで続くかはおいらはわかりませんが。


最後に参考として張っておきます。



未来は誰にもわからない。
アセットアロケーションを決めたインデックス投資が一番無難だと思うおいらでした。
他の人にはおいらのはお勧めしませんよ〜。

まぁ、分散投資していてもリーマンショックでは評価損が結構出ましたよ。
株が上がれば債券が下がって、株が下がれば債券が上がるは言い切れないけれども否定はできないもんさ。

次のショックはどんなショックになるのやら・・・生き残りは大事ですな(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年07月06日

2014年6月末ポートフォリオ

最近、インデックス投資風積立についてなんも書いていなかった(´ヘ`;)

そんなこんなでポートフォリオを見てみる





海外株式
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
1545 NASDAQ−100連動型上場投信
eMAXIS NYダウインデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス

日本株式
eMAXIS TOPIXインデックス

他にはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがちょびっとあるけどそれは含めないでおきます。

先進国株式(特に米国)重視の比率にしております。
一応、理想とするポートフォリオがあるんですが現状はこれで(´ヘ`;)



雷がピカッと光った瞬間をとらえるのは難しいけれども、入手できる観測データで発生しやすそうなところに機材を重点配置で遊んでみている感じです。
去年の初めからこんな感じで可変で動かしてますね。

まぁ、当たるかどうかは誰にもわからないのでアセットアロケーションを決めたインデックス投資が一番無難だと思うおいらでした。
他の人にはおいらのはお勧めしませんよ〜。
posted by 会津のさむ at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年06月22日

米国株口座を開設してみた。

なんとはひと段落した今日この頃。
書くことは色々あるんですんですが、とりあえず実務で優先するのを先にしてみます。



まぁ、米国株口座をマネックスで開設したわけです。
この口座は楽天証券で運用しているインデックス投資風積立を徐々にマネックス証券へ移行します。
現在、含み益が多いので当面はそっとしておきます・・・。何年かかけて移行ですな(´ヘ`;)


なぜ、優先するのか。
理由は真面目にマーケットに対するインパクトの増大&国内ETFで流動性が少なくて・・・。
個別銘柄運用も同じETFを持っているもんだから売るとき大変だぞこりゃ。

個別銘柄はETFを継続して運用しますが、インデックス部門だけでも移行して流動性のリスクを減らそうかなと思ったわけです。

戦略に沿った戦術の為の再編成や換装でどうにか対応していたのですが、そろそろ本体が限界でしたという感じで(´ヘ`;)


IBを開設もいいけれども、税務を考えると現状のベストはこれくらいかなとおもったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など

2014年04月27日

毎月分配型と高コスト投信へのおいらの見解

ん〜と
とよぴ〜さんの
毎月分配や高コスト投信が不要だとわかる比較

タカちゃんさんの
毎月分配型投信で毎月分配する事がもっとも効率的な方法なの?

この二つを見てよくまとまっているなと。


てなわけで、おいらの私見を混ぜて違う視点で見てみます。

まずは、毎月分配型について
おいらとしては、無分配と毎月分配はどうでもいいです。まぁ無分配のほうが好きなんですけどね。
毎月分配型の構造問題は、他のブログでもいろいろ説明されているので・・・。
配当金への課税後の再投資と毎月分配にかかる内部コストは不利だと思いますな〜。


高コスト型について
おいらとしては、品質の良い低コストが好きです。
連動する指数を綺麗にトレース(トラッキングエラーを少なく)していればいいと思います。品質が維持されていれば問題ないかと。
マーケットが荒れた時を含めて長期的に上手にトレースするといいんですが・・・。
結果としては同じ品質なら安いほうを、品質を下げるならちょこっとコストが高くても仕方がないわけで。


要は

12:50〜
聞いてねぇもんいつまで喋ってんだよ、てめぇはテレビ伝道師か
一つだけいいことを教えてやるよ、こんなもんはなぁ撃ってあたりゃいいんだよ。

所詮、道具だから使ってみて実用に耐えるかどうかですな。
まずは入手しやすいかどうか・・・そして安物買いの銭失いにならないように品質の測定。
それらを確認してから、運用手法や資金量で自分に合った道具をチョイスする。


ただ、毎月分配型や高コスト投信はインデックス投資に使用するという点では不利ですな。
インデックス投資だと、維持コストとトラッキングエラーを0に収束させるのがよい道具チョイスなので・・・安くて高品質という難題なんですよね。
毎月分配型は上昇相場の時の課税コストや分配作業コスト負担。
コスト面だと、コストが安くてトラッキングエラーが大きいのとコストが高くてトラッキングエラーが少ないのなら
コスト+トラッキングエラーが0に近くなればいいのかと思いつつ、
コスト(-)+トラッキングエラー(+か-)
で結果0が、コスト(-)の絶対値とトラッキングエラーの絶対値(+)が同じで結果0だと・・・なんともね(´ヘ`;)
一番いいのが、コスト(限りなく0)+トラッキングエラー(限りなく0)=限りなく0
がいいというような何とも言えない答え。
グローバルロングショートをやる場合もこれが限りなく0だといいんですよね。
とりあえず、最初から分かっているコストは低い(絶対値が0に近い)ほうがいいなと思っております。エラーがひどいようなら次にエラーが少ない低コストに乗り換えます。



さて話を変えると、キャブレターエンジンとインジェクションエンジンみたいなもんで構造がちがうんですよね。(無分配と毎月分配)
某漫画のエイジもおいらは大好きです。実際は、キャブレターエンジンだときついよね(´ヘ`;)


ポートフォリオを壊して壊して腕を上げていくか、壊さないように安定して走り続けるか。
このレースは好きな物を使って最高速を目指すか、誰でも簡単にできるものを無難に組み上げるか。

おいらはもうちょいぶっ壊して見ることとします(´ヘ`;)


最後に毎月分配や高コスト投信で長期的にがっつり増やしている人が増えることを祈るおいらでした(おいらはその動きを無分配や低コストで再現したり追走しますので)
posted by 会津のさむ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など