2013年04月20日

パフォーマンス測定でも

普段はそんなにパフォーマンスを測定したりしないんですが・・・。
インデックス投資風積立のポートフォリオの組替えを陣地転換みたいにしたのでその報告を含めてでも。
マーケットが冷え切っていると分散ポートフォリオで放置プレイになります(´ヘ`;)





日本株式 85%
海外先進国株式 15%

日本株式
1306 TOPIX連動型上場投資信託
eMAXIS TOPIXインデックス
JFザ・ジャパン
SMT TOPIXインデックス・オープン

海外株式
1550 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
SMT グローバル株式インデックス・オープン

まぁ、こんな感じになりました。

2013年04月04日インデックス投資風積立の現状
これから組替えした後ですな。
その間の陣地転換中についてはまた今度に・・・。転換中が無防備なのがよくわかる(´ヘ`;)


インデックス投資風積立のおいらが運用とセゾングローバルバランスファンドのまんまを3月末日で比較してみる。
以下、投下資本ベースでの測定

インデックス投資風積立 +28.6%
セゾンのままだったら  +18.8%

とりあえず、10%のアウトパフォーマンスは出せた模様。
今のようなマーケットの時だけこういう運用で、普段はセゾンの比率を自分が好きなものに一部組替えて運用が無難なのやら。


そうそう、個別株式と401kは別会計にしてあります。
まぁ、401kは似たような運用に・・・。
個別株でも1547みたいなものを持ってます。

個人的に考える現状の理想が、日本株式はTOPIX、海外株式は米国S&P500だと思います。
インデックスの海外株式、米国比率が高めで妥協していますけれども・・・(´ヘ`;)



投資は自己責任。リスクは人それぞれなので、自己判断してのんびり運用していきますか〜。
posted by 会津のさむ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65190759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック