2012年10月14日

LEDと蛍光灯

はて、シーリングライトが壊れたので交換しますか。
てなわけで、蛍光灯よりLEDの方が省エネだと言うデマ(?)が広がっているので実際に調べてみた。

その前に・・・ここを見るとわかりやすいんだけれども更新が止まってる(´ヘ`;)
LED蛍光灯に疑問〜本当にエコなのか?欠点は?リサイクル出来るのか?

めんどくさいのでパナソニックの洋風シーリング機能一覧で型番を調べてググってスペックを見てみる。
個人的に12畳対応用が欲しいのでそのクラスで。

LEDは新しそうなやつで
LEDシーリングライト HH-LC732A
固有エネルギー消費効率 80.5 lm/W(4750 lm・59W) 

LEDの古いやつかな
LEDシーリングライト HH-LC700N
固有エネルギー消費効率 56.1lm/W(5160lm・92W) 


蛍光灯はスパイラルパルック(凄い形・・・)で
エコナビ搭載スパイラルパルックシーリングライト HHJZ1323
消費電力75W
全光束8550 lm
エネルギー消費効率114.0 lm/w

蛍光灯はもう一個ツインパルック(初めて交換するときこんな蛍光灯があるのを知らなかった)で
オートエコ調光付ツインPa HHFZ4324
消費電力87W
エネルギー消費効率104.6 lm/w
全光束9100 lm

はて、これを比較するには発光効率を頭に入れておくと
理論上は1wの電気で683lmの明るさが限界値とwikiにも載ってますな。

これを比較するとLEDの二つは
80.5lm/Wと56.1lm/Wとなりますな。
蛍光灯は
114.0lm/wと104.6lm/wとなる。

んで、蛍光灯の数値が二倍だからこちらが・・・という単純な比較ではなく
LEDはビームみたいな発光(表だけ明るいって表現してみる)するんだけれども、蛍光灯は全方向に光るわけで(表も裏も明るいって表現してみる)

じゃあ、LEDは数値(表)が蛍光灯の半分(表だけ)より上をいっているやつなら・・・とまた単純でないわけで。
蛍光灯の天井側(裏って表現)に光も飲み込むブラックホールがあるなら半分より上で良いんだけどね。
大抵は白くなってたりして反射するようになっているわけですな。


結論としては部屋の形状と照明の設置位置によりけりで・・・と言うわけにはなるんですが一つだけ言えることがありますな。
固有エネルギー消費効率56.1lm/W(5160lm・92W) 
これはいらないだろ・・・。
正直、最近やっとこ蛍光灯に追いつきそうなレベルになったくらいでLEDはまだまだ成長をしてもらう必要があるということですかな。
個人的にまだLEDは今現在の最新のメジャーメーカー以外は駄目かなとおいらは判断します。

蛍光灯にはリフレクターくらいしか改善余地が無い予感がしますがLEDはまだまだ発光効率が上がる見込みなのでゆる〜く見ていきますか。LEDの放熱処理と万が一LEDが切れたときの交換手段を整備してもらいたいもんだ。
そうそう、懐中電灯に関してはLEDが断然お勧めです。マジでお勧めです。


最後に、この問題が発生している原因としてLED照明が省エネラベリング制度に入っていないのが問題かな。
蛍光ランプのみを主光源とする照明器具 bywikiですが・・・ (´ヘ`;)

とりあえず、
@LEDは蛍光灯より省エネだと言う人には気をつけましょう。(LED病)
ALEDは電球より省エネだと言う人は普通かな。
BLEDは使う場所と発光特性が・・・と言う人は別の意味で気をつけましょう(ある意味病気)
おいらの周りはBが多くてまいったもんだ・・・@はネットで遭遇して驚いたもんです。



そうそう、結局シーリングライトはあまり使っていない部屋のを移設しました。
LEDで120.0 lm/wくらいのが出たら買えるように貯金しておきます(´ヘ`;)
posted by 会津のさむ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59215751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック