2015年12月29日

インデックス投資ウォッチング3

2と題名つけたから3くらいまでは続けてみますか。

ここからはあまり整理していない考えをなんとなく書いてみる。
3と言ってもあんまり関連性がないかもしれません(´ヘ`;)

とりあえず、インデックス投資の博打成分についてでも。
おいらが書くより既に1、2の領域の人が書いちゃっているのでそちらのリンクを・・・。
統計の考えが主流ですな。

インデックス投資は絶対儲かるか?
この記事をベースに、
他の投資法を批判するだけの自称インデックス投資家の狂信的なインデックス原理主義者が問題なのが、インデックス投資は博打じゃないと言う誤解を生むような発言しながら批判する事ですな。

多分、それを見て
セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは預金代わりにならないよ
ああ・・・これか。なんか、書かなくても誰かが書いていてくれる世の中は素敵。
こう言う誤解を生むようになるのかな。
最後に、ちょこっと引用
なお蛇足ですが、預金のような「元本保証で、利率が決まっている」金融商品が欲しい人は「まんま預金」か、「個人向け国債」が良いと思います。
以上引用終了
完璧ですな。元金を減らさないと言う価値観も大事なわけです。
たまに絶対収益と聞くと脊髄反社でアクティブファンドと思ってしまう狂信的なインデックス原理主義者には元金を減らしたくないと言う価値観がわからないと思います。
まぁ、そんな狂信的な原理主義者の方はインデックス投資の原理や原則が怪しかったりしますが(´ヘ`;)

リスクの認識がおいらの感じる違和感の原因なのかなと思うもんです。
リターン/リスクは正規分布か!?
正規分布仮定で平均・分散を使うことの危険性 (参考:『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』)
投資対象に平均・分散は無いかもしれない。ではどうする? (吊られた男の場合)

本当に書かれていてありがたい。
あと期待値プラスもそれは正しいのだけれども念の為に。どうしようもないんですけどね。
投資の最大損失は、年間リターンから-2σじゃないですよ
被弾の仕方ではどうなるか・・・まぁ、元々未来は誰にもわからないから色々と統計とかの先人の知識と経験を駆使しているわけなんで、どうしようもないです(´ヘ`;)

とりあえず
日銀総裁が語る「テール・リスク」への対応策とは
テールリスクについて紹介して置いてみます。

おいらの私見だとリスクはヘッジしきれる物じゃないからダメージコントロールは覚えておくといいかなと思ったり。


何となく書いていたのだけれど・・・1億円とかのキーワードネタやインデックス投資と言ってはいけないような亜種(おいらのインデックス投資風を含む)の存在も確認できたのでそれを次は余裕あるときに書いてみますか。

蛇足で
ウォール街のモメンタムウォーカー
これが何か元ネタとなって色々とあるのかなと思ったおいらでした。
posted by 会津のさむ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170852669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック