2008年11月28日

徒然に分析話

うーむ。あんまり株式分析について直接書いてなかったんですが・・・。



軽く、書いてみよう。ある意味、おいら個人のメモですな。



なので、間違っててもそっとしておいてください(´ヘ`;)









まぁ、色々な本を読んだりしているわけですが体感で感じる事でも。





とりあえず、減価償却費と当期純利益となるものを財務諸表からみつけてたす。



減価償却費+当期純利益=大体その企業が自由に使えるお金ってな感じですかな。



これがマイナスだと、貸借対照表の上下が縮んでるってな事ですよね。



ああ、減価償却についてはこちらで。



耐用年数表をみるとねぇ。固定資産を取得してからその耐用年数までは減価償却費用以上に利益を出しておかないと拡大再生産を税金の面から見ると不利だよなぁって・・・。





まぁ、後はキャッシュフロー計算書の営業CFで真面目に本業をしているかとか。



不動産業種ではないだろうか(固定資産の評価のやり方でがらりと財務が変わるから怖すぎるのでおいらは苦手)



借金がやばすぎないか





ってのが、おいらの分析の一部かな〜。多分、減価償却と耐用年数の表のあたりがわかりにくいですがそっとしておいてください。







さて、なぜ突然上記を書いたのか・・・。



答えは簡単。



月末で支払いやら何だかんだで忙しかったから、キャッシュリッチで地味に儲け続ける会社なら支払いとか事前に終わらせて優雅な月末なんだろうな。



と思ったので(´ヘ`;)



無いわけじゃないからまだいいけど、たっぷりと余裕の無い会社に勤めているとなんとも言えませんな。









そうそう、これも見ててうらやましい財務だなと思ったこともあったので・・・。



まぁ、こういう風な表を見せると言うことは財務が堅いんですよね。



広義のステークホルダーに先々週辺りから該当はしてたりもしますが (-。-) ボソッ



もっと曲がったらごめんなさい(´ヘ`;)







もし新卒の就職活動の時代に戻れるならば、絶対に現在ひっそりとホールドしているorスクリーニングで引っかかった企業に全力で応募するなと思った今日この頃でした。



新卒で入った会社よりもっといい場所がいっぱいあったんだぞ〜っと伝えたい。
posted by 会津のさむ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資など